2012年12月17日

未来なき会社にいるということは…

前に勤めていた会社は確実に未来がないところだと思っていた。

だから辞めた。

辞める前にはいろんな良いことを聞かされた。

たくさんの給料や休日が与えられるという。。

もちろん、これから業績が良くなったらという仮定での話なのだが。

社長の考え方、やり方ではおそらく近い将来倒産を迎えるだろうと思っていたのでそんな将来はやってこないと考えていた。そして、万が一それくらいの業績をあげてもそんな待遇は得られないこともよくわかっていたのだが。

結局私は辞め、その2年後倒産した。

社長の考え方、取り組む姿勢がそれを招いたのだと思っている。



この記事へのコメント
ジュネーブの期限の時計の衣服の製造者はただ技術師だけで、更に抱いて1種あやうく宗教の類の熱狂的さを寛大に許して、作品のある外形と性能をさせることを願う 上大きい極限を到着し終わります。
Posted by 到着 at 2013年06月28日 16:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。