2012年12月17日

未来なき会社にいるということは…

前に勤めていた会社は確実に未来がないところだと思っていた。

だから辞めた。

辞める前にはいろんな良いことを聞かされた。

たくさんの給料や休日が与えられるという。。

もちろん、これから業績が良くなったらという仮定での話なのだが。

社長の考え方、やり方ではおそらく近い将来倒産を迎えるだろうと思っていたのでそんな将来はやってこないと考えていた。そして、万が一それくらいの業績をあげてもそんな待遇は得られないこともよくわかっていたのだが。

結局私は辞め、その2年後倒産した。

社長の考え方、取り組む姿勢がそれを招いたのだと思っている。  


Posted by たちん at 03:12Comments(1)

2012年12月15日

ところでコンビニのバイトってどんな仕事でしょうか?

私の友人がずっと学生の時代からコンビニのバイトをしていて辞める兆しが全くありません。

そんなにもいバイトなのかと思って調べてみましたのですが、なかなか楽しそうな感じがしてきました。

経験者によるコンビニバイトについてのサイトを拝見してみたのですが、近所の人との交流があったりと心がホッコリくるようなことがあるというのが魅力ですね。

他のバイトだとその人と一回きりというのが多いような気がします。もちろん複数回会うことは珍しいことではありませんが、コンビニバイトのようなことはなかなか起きにくいような気がするのです。

そうした心の交流のようなものがコンビニバイトにはあるような気がして、もしかしたら私の友人もそういったところにコンビんバイトの良さを感じ取っているのかもしれません。  


Posted by たちん at 01:39Comments(0)

2012年12月11日

昇進して豹変する男 悲しき中年ガキんちょ

今私が勤めている会社は創業13年。

当初のメンバーはチームのリーダーから課長に昇進する人もちらほら出てきた。

チームリーダーだったことからチーム内部では偉そうにふるまっていたのだが、課長に昇進するとその傲慢さに磨きがかかってしまった悲しき男がいる。

自分が一番じゃないと絶対にダメ。

自分がいなくなった部署はそのせいでダメになったと言われたい。だから外からその部署の悪口を言って印象を悪くさせている始末。。

なんたるガキんちょ魂。。これが50歳を迎えた中年のやることかね。  


Posted by たちん at 03:04Comments(0)

2012年12月09日

友達が会社を辞めて札幌でバイトを始めたとのこと

学生時代の友達で、新卒でそれぞれ地元の企業に就職したために数年間離れ離れに暮らして、1年おきくらいに会っているような関係が続いている人がいるのですが、その友人が先月それまで勤めていた会社を退職してフリーターとなってしまいました。

なってしまったと言っては語弊がありますが、本当に楽しくやりたい仕事をやっていた友人だったので何があったのだろうかと思っていました。

それまでも会社の愚痴のようなことを聞いてはいたのですが、それはどこでもあるような程度のものだったので、それが原因ではないような気がしていました。

とにかく、札幌でバイトを探す方法によっていいバイトを見つけようと言葉をかけたが、きっと本心はもっとその仕事をして痛かったことと思います。

ずっとバイトをして暮らすつもりはないようなので、次の道へすすむための通過点としてバイトをして生活を見つめ直し、次なるステージを模索するとのこと。

仕事をしっかりするその友人のことだからきっといい道が見つかることと信じています。  


Posted by たちん at 02:46Comments(0)