2012年02月13日

玉突き人事異動

寝耳に水の異動の話だった。

事務として入ったこの会社なのに、なぜだか現場へ異動となった。

現場の仕事だったらこの会社を希望はしていないだろう。

そして異動の理由をなんdかいい感じの言葉で飾ってくれる。

でも、本当のところは社内でローテーションをする中で、総務課だけ異動がないというのも他から不満が出るだろうからおちうことで、玉突き的に異動させられたのだろうと思う。

それでいて、なんだか誉めたたえるような理由を音からつけて、期待しているぞとのたまう。

なんだか空虚な言葉である。

そんなことを信じるほど自分を見失っていない。

まれにそういったことを信じて舞いあがっているバカ者もいるのだが…。  


Posted by たちん at 03:13Comments(2)